34歳で勝ち組になるための転職の流れ

34歳で勝ち組になるための転職の流れ

 34歳での転職の場合、即戦力として企業貢献できる個人が持つ専門スキルに加えて、将来の管理職候補としての素養の有無もチェックされています。企業のニーズはもちろん、自分の将来を考慮して、最適な転職先を探しましょう。

 

 

転職準備をしっかり行うことが成功の秘訣

 

 実際に転職のために求人を探し始める前に、自分のキャリアビジョンの達成率と見直しをしておくことがとても大事です。まずはキャリアの棚卸しと自己分析を行い、自分が伸ばすべきキャリアは何かを、冷静に見極めることから始めましょう。

 

 

求人情報は特性とメリットを考えて選ぶ

 

 34歳の求職者は、市場価値によっても応募可能な企業が異なります。一社でも多く、応募可能な求人を見つけるためにも、求人情報媒体は併用するようにしましょう。キャリアアップしたいなら、転職エージェントは、特におすすめです。

 

 

履歴書や職務経歴書は違いを知って書き分ける

 

 応募書類において、履歴書と職務経歴書では、果たすべき役割が違います。履歴書は応募者の個人情報を伝えるもの、職務経歴書は応募者の過去の職歴と現在持つスキル、将来のキャリアプランをアピールするためのものです。書き分けましょう。

 

 

面接序盤の5分間で明暗が分かれる!

 

 面接は始まって5分で、面接官が自分への印象を決めてしまうと言われています。ビジネスにふさわしく、清潔感を感じる身だしなみで臨むのはもちろん、立ち居振る舞いのマナーを完璧にすることで、好印象を与えることが採用につながります。

 

 

退職や入社準備についても、きちんと考えておこう

 

 勤務している会社を退職するときにも、転職先に入社するときにも、さまざまな事務手続きが必要です。社会保険や雇用保険、準備すべき書類などをリストアップするなど、しっかり退職と入社の準備をしておくようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ