自己分析をするメリットとは?

自己分析をするメリットとは?

自己分析はどんなことをすれば良い?

 

 就職・転職活動の前に自己分析を行うことは今や常識と言っていいほど浸透しています。しかし必要性は感じているものの、どうやって自己分析を行えばいいのかわからない求職者も多いようです。

 

 自己分析にはいくつもの方法があるので、こうすべき!という万人に共通した方法はありません。ただ34歳ともなると、これまでの社会人経験を振り返った自己分析が必要になってきますから、プライベートな面だけでなく、過去の仕事のことから分析していきましょう。まずはキャリアの棚卸しからスタートです。

 

・これまでの仕事内容はどんなものだったか?
 これまでの仕事内容に関しては、肩書の変更で内容が変わったのなら、それぞれ別の仕事内容として考えてください。そしてそれぞれの仕事について、自己満足度がどれくらいか?を思い出してみましょう。そしてどうして満足したのか、または満足しなかったのか理由を考えてみましょう。

 

・どんな仕事をしていると力が発揮できたのか?
 これまでの仕事内容を振り返り、結果を残せた仕事はありますか?その仕事を行っている時に、あなたの持てる力を最大限に発揮できましたか?同じような経験がほかにありませんか?

 

・どんな仕事がもっとも苦戦したか?
 逆にこれまでの仕事内容を振り返り、頑張ったわりに結果を残せなかった仕事がありますか?それはどうしてでしょうか?同じように結果を残せなかったことがこれまでにありましたか?
この3点を中心に考えてみましょう。

 

自己分析をするメリットとは?

 

 転職活動において自己分析をするメリットは大きく分けて2つあります。1つ目は、自分に合った仕事を探す時の指標にするためです。人間、自分の適性に合った仕事につくと能力を発揮しやすくなり、周りからの評価を受けやすくなります。本人に取っても雇い主側にとってもプラスとなるので、自分に合った仕事につくことはとても大切です。

 

 2つ目は、自分のことを知っていれば、書類選考、面接試験で有効に利用できます。自分を知れば、自己アピール文や応募動機などが鮮明になり、マニュアル的な文章しか書いていない応募書類よりも魅力的になります。同じように面接でも自己アピールとして力を発揮します。この2つのメリットが自己分析にはありますから、ぜひ時間をかけてでもやってみましょう。

自己分析をするメリットとは?関連ページ

自分が何をしたいのか考える
自分のウリを見つけよう!

ホーム RSS購読 サイトマップ