挨拶状の役割と書き方

挨拶状の役割と書き方

面接を受けた会社に挨拶状は必要?

 

 34歳と言えば、転職先では即戦力として業務をこなせるだけではなく、管理職候補としての素養や、転職先でもすぐに人間関係を円滑に構築できる人材が望まれます。

 

 そこで、面接後にすぐに挨拶状を送付するのは、大人の常識となっています。ただし、挨拶状を送るからと、面接で有利になることはあまりありませんが、今ではほとんどの人が挨拶状を送付していますので、自分だけ送付しないとマイナスな印象になる可能性があります。そのため、できるだけ速やかに面接後には送付するようにします。

 

 また、面接終了後に、面接官との相性や、業務内容から転職先として妥当ではないと判断する場合もあるでしょう。そんな場合には、挨拶状を送る必要はないと考えるかも知れません。しかし、今や、挨拶状を送るのは社会人としての常識ですから形だけでも送っておきましょう。

 

 ただし、そのような際には、面接に対するお礼だけではなく、応募を辞退する旨も合わせて記載しておくと良いでしょう。
これだけでも、企業側は内定者を絞る際に役立ちますので、少しでも早く自分の意思を伝えておくとトラブルを防ぐことにもつながります。

 

挨拶状の役割と書き方のポイント

 

 挨拶状は、企業に対して面接をしてくれたことにお礼を伝える役割があります。そのため、書き方のポイントとしては、書面上で感謝の気持ちを伝えるだけではなく、面接で企業や面接官に対して感じた魅力や、入社意思や働く意欲などを同時に書くようにします。

 

 挨拶状の作成は、手書きかパソコン作成か迷うものですが、どちらで作成しても特に問題はありません。そのため、誤字脱字などの訂正や効率性を考えると、パソコン作成の方が手間が省けて効率的と言えます。

 

 ただし、履歴書と同様に誤字脱字や修正は不可となります。手書きの場合に間違った場合には、最初から作成するようにします。また、数社に応募して面接を終えることも想定して、パターンを決めて挨拶状の雛形を作っておくと使い回しができるために、パソコン作成の方が効率的と言えます。

 

 挨拶状は手紙で送るのが一般的ですが、名刺を貰った場合などは、メールで連絡する人も多いようです。しかし、面接への感謝と自分の気持ちを伝えるといったことを伝えたいのであれば、手書きによる手紙で送付するのが一番相手に伝わるでしょう。

 

 34歳ともなれば、社会人経験も十分ですから、ライバルと差をつけるためには、手書きで作成することをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ