ホームページで企業研究をしよう

ホームページで企業研究をしよう

ホームページで企業研究をする

 

 34歳で納得のいく転職を果たそうと思うなら、ネットを有効活用し、効率よく活動を進めるのがセオリーです。そして、自分が納得のいく転職を果たすためにも、求人票だけではわからない、企業のニーズを把握するためにも、企業研究することが不可欠です。

 

 まず、企業研究で確認しておくべき項目を理解しておきましょう。企業研究で確認しておきべきことは、「扱っている商品やサービス」「応募企業が今、特に力を入れている事業」「メイン顧客」「経営方針」「自分が応募する事業分野の実績」「企業の業界内での評価」です。

 

 こうした企業の情報を入手する手段の一つに、ホームページをチェックすることがあるのです。では、企業のホームページで何をチェックすべきかを、次章で説明したいと思います。

 

ホームページでの企業研究の仕方とは?

 

 どの転職サイトで求人を知ろうと、ホームページを持っていれば、自社サイトの中でも採用情報を公開しているものです。自社サイト内だと、職場の風景や社員のコメントなど、転職サイトなどにはない情報が紹介されていることがあります。そうした情報に基づき、企業が求める人物像をイメージすると、応募の対策を立てやすくなるはずです。

 

 また、企業の自社サイトには、社史や企業理念も掲載されているものです。応募企業がどのような歴史を持ち、自分が応募する事業がどう発展してきたのか、あるいは発展させたいのかを理解すると、志望動機や自己PRを考えやすくなります。

 

 複数の事業を抱えている企業であれば、応募する事業以外にどんなものがあるかも、チェックしておくべきでしょう。将来、異動する可能性はゼロではないことを、念頭に置いてください。

 

 また、社長や役員のインタビューが紹介されている場合は、それもきちんと読み込んでおくべきです。経営陣の言葉の中には、その企業らしいキーワードが隠れていることが多いです。面接のときにそうした言葉を引用しながら自己アピールをすると、企業の採用担当者の心象がよくなる可能性があります。

 

 転職サイトや会社四季報、帝国データバンクなどの情報では得られない、企業の生の声をヒアリングする場として、ホームページも有効活用してみてください。

ホームページで企業研究をしよう関連ページ

転職サイトを活用する
ネットを活用した転職活動をする

ホーム RSS購読 サイトマップ