一般事務|34歳の転職体験

一般事務|34歳の転職体験

私は高校を卒業してから主にサービス業についていました。
最初は結婚式を作るスタッフとして配膳や準備などを行う接客業や、レストランやエステティシャンなど、主に人と関わるサービス業をやってきました。
人と関わる仕事が好きだったので、10年ほどはこれらの接客業ばかり選んで仕事をしていました。
しかし20代後半で自律神経失調症になってしまい、人と関わる仕事が難しくなってしまったため、転職する事をかんがえました。
人前にでるとあがってしまい、顔が真っ赤になり、汗が吹き出てパニックになってしまうのです。
これでは接客業はできません。

 

 

そのため、あまり大きくない事務所などの事務職に転職したいと思い、ハローワークに行って見ました。
しかし今までまったく事務の経験がなく、また資格を持っていないので事務の仕事に転職は難しいかもしれないと言われました。また年齢もそれほど若くないことも問題だったようです。
事務の仕事は人気が高いので空きがなく、また空いてもすぐに埋まってしまうため、競争率が高いと言われてしまいました。

 

特集
http://xn--36-3b1eq28ejpq.com/
36歳の転職|実績の高い求人サイトベスト3。

 

43歳で転職を考えている方必見
43歳の転職|転職サイト利用者の口コミがマル分かる!

 

 

希望する事務の仕事になかなかありつけず、まずはパートからならなんとかなるのではないかと思いました。
そんな時にインターネットの転職サイトで派遣の事務の仕事を見つけたのです。
派遣会社ならば事務の仕事が豊富にあり、また時給もハローワークで紹介されているものより高かったです。
派遣会社に登録に行きましたが、やはり現実は厳しくなかなか仕事を紹介してもらえませんでしたが、5社ほど登録したところ、ちらほら仕事の依頼がくるようになりました。
ほとんどが短期の仕事かテレホンアポインターでしたが、とりあえずテレホンアポインターの仕事をして経験をつむことにしました。
電話であれば、直接顔を合わせての接客業ではないのでできる気がしたのです。
テレホンアポインターの仕事をしながら、パソコンのスキルを磨き、その後無事一般事務の仕事に着くことができました。


ホーム RSS購読 サイトマップ